最高学府の子育て支援策|接客マナーの研修を実施し会社の質を上げる

接客マナーの研修を実施し会社の質を上げる

最高学府の子育て支援策

子供たち

キャンパス内に保育施設

子供を保育施設に預けたいが定員不足でどこも受け入れてもらえないという、いわゆる待機児童問題は女性の社会進出を妨げる一因であると言われています。そこで、女性が活躍する職場ではさまざまな形で子育て支援を実施しています。それは一般企業に限らず、学問の府でも同じです。その代表的な例が、大学内保育です。大学内保育は、大学がキャンパス内に保育施設を設け、教職員が就業している間その子供を預かることをいいます。原則として認可外保育所となる点には注意が必要ですが、現在設置されている施設の中には正式な認可を受け、自治体の補助を受けながら運営しているところも少数ながら存在します。また、子育てをしながら学びたいという人のために、学生の子供を預かっているところもあります。

イメージアップにも貢献

大学がこうした大学内保育制度を採用する最大のメリットは、何といっても優秀な人材を確保できることです。大学における研究は非常に専門性が高いため、簡単に代わりの人材を見つけることができる性質のものではありません。そのため、性別や家庭環境に関係なく安心して仕事や学業に専念できる体制を整えることは非常に重要です。また、女性の社会進出と男女共同参画社会の実現は世の中全体の趨勢でもあります。大学内保育を通じて率先して子育てを支援することは、大学のイメージアップにもつながります。大学内保育は、当局が直接保育要員を雇用する方式と、専門事業者に運営を委託する方式との2種類があります。現在は実績豊富なエキスパートに運営を任せる後者が主流となっています。